【書評】「失敗の本質 日本軍の組織論的研究」過去の戦争の失敗から現代に生かせる組織的な課題を探る

   

失敗事例から学びを抽出した古典的名著

今回は戦争の失敗事例の分析を通じて、日本の組織的な課題の抽出を試みた、古典的な名著を紹介したいと思います。

かつて日本が戦争に走った事自体が問題であるという主張も最もですが、本著はこうした戦争の是非を問うものではありません。

連合軍に日本軍は負けたという事実から、その両軍の戦術や組織体制等を比較分析し、日本の戦時中の組織的な課題を抽出することで、現代の日本企業の経営に関する示唆を見出そうとしているのが本著です。

戦争のすべての対戦や要因を分析の対象としているわけではありませんが、戦況を大きく変えて日本の敗戦に大きく寄与したと考えられる6つ対戦を取り上げて分析をしています。

対戦の戦況を大きく変えた対戦を事例分析

本書で取り上げているのは、「ノモンハン事件」「ミッドウェー作戦」「ガダルカナル作戦」「インパール作戦」「レイテ海戦」「沖縄戦」の6つです。

各対戦の日本軍と連合軍の資源状況や兵力のデータ、戦術や戦中の意思決定の状況、組織全体の連携体制、情報伝達管理の状況等について詳細な比較と分析がなされています。

兵力や資源から考えれば日本軍にも十分勝利の可能性があったにもかかわらず、正確な情報伝達やその考慮がなされていなかったり、上層部の意思決定が精神論に走りすぎていたりと、当時の状況がリアルに描かれています。

日本の組織的課題を整理して失敗要因を抽出

6つに事例を分析し、戦術、組織体制、トップマネジメントの意思決定力などの観点から敗因を抽出していきます。

目的が曖昧であったり、それが組織全体に共有・徹底なされていないために日本軍全体として一貫した戦い方ができていなかったり、と現在の日本企業が直面する課題と似通った点も多く有るように感じました。

連合軍が演繹的な戦い方をするのに対し、日本軍はその場その場で臨機応変に対応を変える「帰納的な」戦い方をしていたといいます。

とはいえ、情報が正確に使わっていなかったり、情報の重要性を軽視する傾向があったために、事実に基づいた客観性に欠ける「帰納的な」戦い方であった点が指摘されています。

まとめ

本著は、著名なビジネスマンが多く推薦する古典的な名著です。

歴史の勉強にもなりますし、現代の日本の課題を考える上でヒントになる書籍と思います。

過去の失敗から学ぶことの重要性を改めて感じた本でした。

 - オススメ本