何かをはじめる人に、役立つ情報を。

【書評】「ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方」欠落感から価値観が生まれて人生の目的を決定づける

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

欠落感が価値を生む

自分に一番欠けていると思っているものに対して、価値を感じます。欠けているものだからこそ、心の底から必死にもっと欲しいと感じます。価値観は、時間とともに再編成されるので、価値観のタイプや優先順位が変わっていきます。優先順位が最上位にある価値観のことを最高価値といいます。そして価値を感じるものを求める活動を通じて、自分に欠けているものを埋め合わせていくことが、人生の目的です。

人生の7つの領域

人生の目的には7つの領域があります。心と精神性の領域(自分とつながる)、知性の領域(知性や知識)、ビジネスの領域(キャリアでの成功)、お金の領域(富)、家族の領域(親しい人との関係性)、社会・人間関係の領域(人脈や友情)、身体の領域(健康と活力)です。人生の目的は、これらの領域に関連しているはずです。この人生の目的がわからないというのは、自身の最高価値にピッタリ合うものが見つかっていない状態といえます。

最後に

自分の価値観、そしてその優先順位は自分の身の回りやお金や時間の使い方、いつも考えていることなどから特定することができます。詳細は以下のディマティーニ博士の本を参考にしていただければと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ショシンシャのための情報発信所 , 2019 All Rights Reserved.