何かをはじめる人に、役立つ情報を。

これからは個人の時代!ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用の違い

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ジョブ型雇用って何?

近年、ジョブ型雇用が注目されています。

ジョブ型雇用とは職務や勤務条件を絞り込んで働くことができる、限定正社員または有期契約労働者の雇用のことです。

主に諸外国が主に採用している雇用契約で自分自身の専門スキルをいかせる働き方ができると言われています。

従来の日本型雇用「メンバーシップ型雇用」

ジョブ型雇用と対になるのがメンバーシップ型雇用です。

この雇用契約は日本企業に多く見られ、日本特有の年功序列や終身雇用を前提とした、職務や勤務地を限定しない無限定正社員を指します。

現代に求められるジョブ型雇用

ジョブ型雇用が注目される背景には、柔軟な働き方が求められていることがあります。

ジョブ型雇用では、勤務地の範囲や勤務時間帯が変更されないので、子持ちの女性が働きやすいため、女性の社会進出を促す効果が期待されています。

しかし、日本では終身雇用や年功序列型賃金、企業型労働組合の三大雇用慣行が定着しているため、ジョブ型雇用が浸透しいくいと言われています。

ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用の基本的な説明は以下のリンクが参考になります。

大学ではジョブ型雇用に基づいた教育へ

ジョブ型雇用を促進しながら企業の生産性を向上するためには、大学教育を見直す必要がある点も指摘されています。

一部の高等教育機関では、実務で利用するソフトや簿記のスキル、観光案内における説明力などを修得するべきであるといわれています。

抽象的な学問を大学で学ぶのではなく、職についてからすぐに生かせる実践的なスキルを身に着けていく必要があるとのことです。

まとめ

今回は、ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用の違いについて整理しました。

働き方改革のキーワードが注目されている今日、その実現のための一つのアプローチ方法といえます。

しかし、ジョブ型雇用では専門的スキルを労働者が修得していることが前提とされているため、こうした努力は必要不可欠といえます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ショシンシャのための情報発信所 , 2017 All Rights Reserved.